諫早L&Lホテルセンリュウへロケハン☆


Pocket

諫早L&Lホテルセンリュウ

明日の婚礼前撮りスナップに備えて、諫早市永昌東町にあるL&Lホテルセンリュウへ、カメラマン谷と私はロケハンに行きました。お客様は来年1月に結婚予定です♪
※ロケハンとは、ロケーションに適した場所を探して歩くこと。

センリュウは、JR諫早駅から徒歩1分。本明川沿いに位置するシティ感覚のホテルです。ロビーでブライダルプランナーさんを待っている少しの間にも、宴会・会議などのお客様が大勢ご来館され、すごく活気がありました。

ほどなくご案内いただいたのは、当日挙式会場のチャペル purimeria。扉を開けると、そこにはトンネル型のバージンロード。ゆっくりとくぐり抜けた先には、真っ白な壁に劇場タイプのチャペルが…。いまどきのハデさがないシンプルな造り。それだけに、新郎新婦が登場したときには、祝福の感動がストレートに伝わる空間になると確信できました。その他、和室のお部屋・集合写真が撮れる多目的スペースのマルチルームなどをご紹介いただき、私たちはホテルを後にし、屋外へと場所を移動しました。

今回前撮りで着用される新婦さまのご衣装は、和装白無垢1点と洋装2点ウェディングドレスとカクテルドレス。ウェディングドレスはホテル館内で撮影。

「和装の撮影は、めがね橋でもよく行われています」とのプランナーさんからの勧めがあり、次はホテルから程近い諫早公園へ車を走らせました。橋を渡ったり、周りを確認したり、ベストポジションを探すカメラマン。そこを私は押えてみました。

諫早めがね橋

最後に向かったのは、お二人が希望された白木峰高原。白木峰高原は、諫早市五家原岳の中腹にあり、秋は20万本のコスモスが咲く花の名所で、ブライダルに人気の撮影スポットです。ここではカクテルドレスを着用予定。実は、本日も結婚式用ドレスとタキシードをお召しになったカップルが撮影されていました(^^)

その撮影を横目に谷は、広い敷地内をぐーるぐる。屋外ロケーションは、背景、太陽の光などを頭に入れながらのポジション決めはもちろん、ご衣装を着た両人を無駄に歩かせないことも考慮しなければなりません。「さっきのカメラマンからの位置だと地面が見えてイマイチ」「ふたりは体力のある人たちかなぁー」などと言いながら、たまに私もモデルになり、イメージを膨らませていきました。

諫早白木峰高原

ロケハンを実施すると、撮影の流れが把握しやすくなり、カメラマンの負担も軽くなります。私たちの本日の業務は、明日の天候を気にしつつ、終了しました。

Pocket


DEITz(デイツ) について

DEITzは、ナガサキフォトサービスとして創立後、写真と映像の総合プロダクションとして、長崎地域で歩んできました。婚礼をはじめ、成人式や卒業などの記念・集合写真の撮影・プリント、ストックフォトのレンタル、講演会やイベントの写真映像撮影・編集に至るまで、お客様のニーズにお応えできるクォリティの高いコンテンツをご提供いたします。

コメントをする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です