長崎市中の茶屋(梅園天満宮)


Pocket

長崎で結婚写真撮影

長崎市 中の茶屋(梅園身代り天満宮)でのロケーション撮影の一部をご紹介。

中の茶屋(なかのちゃや)は、長崎市中小島(路面電車、思案橋電停より徒歩約10分)にあり、江戸時代中期、丸山の遊女屋が茶屋を設けていた場所で、長崎市の指定史跡です。当時の名残りを残す庭園には、茶室や石製の手水鉢があり、長崎市出身の画家、清水崑の展示館も併設されています。

中の茶屋に隣接する梅園身代り天満宮(うめぞのみがわりてんまんぐう)は、なかにし礼氏の直木賞授賞小説で後に映画化された「長崎ぶらぶら節」で、吉永小百合さん演じる名芸者愛八が参拝した話題の神社です。節分前後には、美しい梅が咲き誇ります。

静かな佇まいでじっくりと撮影に臨みたい方におすすめしたいレアなスポットです。

中の茶屋(梅園天満宮)でのロケーションフォト

ロケーション撮影については、フォトウエディングプランのロケーション撮影をご参照ください。

中の茶屋でのロケーションフォト 中の茶屋でのロケーションフォト 中の茶屋でのロケーションフォト 中の茶屋でのロケーションフォト 中の茶屋でのロケーションフォト 中の茶屋でのロケーションフォト 中の茶屋でのロケーションフォト 中の茶屋でのロケーションフォト 中の茶屋でのロケーションフォト 中の茶屋でのロケーションフォト

中の茶屋への交通アクセス


大きな地図で見る

フォトギャラリー

写真をクリックするとロケ地別でロケーションフォトがご覧いただけます。

Pocket